子育てに関する悩み事・役立つ情報を発信しています。

育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決!

子育て

赤ちゃんの水分補給はいつから?量はどのくらい?嫌がるときは?

投稿日:

6e733e6742ddb1a5a6fb6b633ed38ccb_s
赤ちゃんが大きくなってくると、母乳やミルクだけで水分は足りてるのか、他にも水分補給した方がいいのかな?

と悩むママも多いのではないでしょうか。

 

特に、気温が高くなってくると、脱水にならないか心配ですよね。

今回は、赤ちゃんへの水分補給はいつから始めたらいいのか

量の目安についてお話したいと思います!

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの水分補給はいつから?

一昔前は、新生児のうちから白湯を与えるようにと言われていました。

これは、昔使われていた粉ミルクが、今のものよりも質が悪く、タンパクやミネラルが必要以上に配合されていたため、

それを薄める目的で白湯を飲むようにと、指導されていたんですね。

 

一方現在では、赤ちゃんへの水分補給は、基本的に「離乳食を始める6ヶ月くらいまでは母乳やミルクで十分」だと言われています。

逆にこの時期よりも前に、母乳(ミルク)以外のものを与えると、母乳を飲む量が減ってしまったり、

まだまだ腸の機能が整っていない赤ちゃんには、負担となってしまう可能性があります。

 

便秘がちになってしまったり、食物アレルギーの原因となったりすることもあるので、十分気をつけておきたいところです。

 

「そろそろ離乳食を始めようかな」

というタイミングで、母乳(ミルク)以外の水分補給も一緒に始めてみてくださいね!

 

初めての水分補給は何から始める?

初めて母乳やミルク以外の水分補給を練習する時は、白湯麦茶から始めます。

 

白湯(湯ざまし)

湯ざましを、水道水を使って作る場合、5分くらいはしっかりと煮沸する必要があります。

 

1.水道水を沸かす

※完全に塩素を抜くため、5分以上煮沸させる。

2.人肌に冷ます

 

煮沸して、塩素を抜いた水は殺菌効果がないので、時間が立つと雑菌が繁殖してきます。

ですので、作り置きはせず、その都度作るようにしましょう。

なお、ミネラルウォーターを使う場合には、軟水のものを使います。

 

麦茶

大人が飲む麦茶でかまいませんが、うすーく薄めたものを赤ちゃんに与えます。

目安としては、お茶1に対してお湯2くらい。

 

大人用の麦茶は、煮出すタイプのものが安心です。

ベビー用の麦茶も売ってあるので、

・作るのが面倒

・飲みたいときにさっと飲ませてあげたい

という場合は、常備しておくと良いかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんの水分補給 量はどのくらい?

初めのうちは、スプーンを使って、1杯ずつゆっくり与えてみてください。

問題がないようであれば、哺乳瓶に移行していきます。

 

参考までに、体重1kgあたりに必要な、赤ちゃんの水分補給の目安はこちらです。

・6ヶ月・・140~160ml/kg
・9ヶ月・・125~145ml/kg
・1歳・・120~135ml/kg

※母乳やミルク、離乳食も含めた量です。

赤ちゃんが水分補給を嫌がるときは?

赤ちゃんに、白湯や麦茶を与えてみても、なかなか飲んでくれないということもあると思います。

赤ちゃんが嫌がる様であれば、無理してあげる必要はありません。

欲しがらない=足りている ということですので。

 

これから卒乳までに、ゆっくりと慣らしていってあげてくださいね!

 

それから、白湯は飲んでくれないけど、麦茶なら飲んでくれた

という場合もあります。

白湯は味がしないし、美味しくないんでしょうね・・。

逆に白湯が好きでごくごく飲むという子もいますし。

もしも白湯をあげてみて飲まない。ということであれば、味がある麦茶に変えると飲んでくれるかもしれません。

 

まとめ

暑い季節になると心配になると思いますが、基本的に赤ちゃんの水分補給は、

離乳食を始める6ヶ月くらいまでは母乳やミルクで十分です。

心配だからといって、他のものを与えると、逆に赤ちゃんに悪影響となる場合がありますので注意が必要ですね。

 

それ以外での水分補給は、離乳食を始めるのと同じタイミングで

まずは白湯や麦茶から始めてみてください。

スポンサードリンク

-子育て

関連記事&広告

Copyright© 育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.