子育てに関する悩み事・役立つ情報を発信しています。

育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決!

子育て

おひなまきの上手な巻き方とその効果!いつまで使えるの?

投稿日:

45a84d28d03d3c44f0aec08f4859f788_s
赤ちゃんがグズついて、なかなか眠ってくれない・・

抱っこしている間は寝てくれるけど、

お布団に降ろしたらすぐに泣きだしてしまう・・

 

なかなか寝てくれない赤ちゃんに、苦労しているママは多いもの。

そこでおすすめなのが"おひなまき"

この方法だと赤ちゃんがグッスリ眠ってくれますよ。

 

今回は、おひなまきのやり方と、いつまで使えるのか?などについて

まとめていきたいと思います。

スポンサードリンク

おひなまきの巻き方!

"おひなまき"とは、"ぐるぐる巻き"とも言われますが、

その通り、赤ちゃんを布でぐるぐると巻いてしまいます。

おひなまきのやり方↓↓↓

ポイントは、

・赤ちゃんの手は折り曲げた状態にすること

・足も折り曲げて、足の裏同士を合わせるか、あぐらをかくようにすること

 

です。

 

寝ている時に、赤ちゃんが反り返らず、手足を動かせる程度の強さで巻くようにしてくださいね。

 

使う布は、

・伸縮性があって、綿100%のもの

がおすすめです。

 

夏の時期は暑いので、

・メッシュやガーゼ素材

のものを使うと、通気性もよく、赤ちゃんも快適に過ごせますよ。

 

また、おひなまきに使う布は、大き目のタオルでも使えますが、

ほどけやすいというのが難点です。

 

使ってみて微妙だな・・と思われたら

専用のものを使ってみてはいかがでしょうか。

トコちゃんベルト↓↓

 

実は赤ちゃんが成長するにつれて、おひなまきのやり方も変わってきます。

こちらの動画に

・手遊び期(新生児以降)

・足バタバタ期(2ヶ月以降)

と載っていますので、参考にしてくださいね。

 

おひなまきの効果とは?

ƒvƒŠƒ“ƒg

そもそも、なぜなかなか寝てくれない赤ちゃんが、

おひなまきをすると、グッスリ寝てくれるようになるのでしょうか?

 

実はこれ、赤ちゃんをタオルでくるんで丸くすることで、

子宮の中と同じような環境を作り出し、赤ちゃんを安心させようとしているんです。

 

長い間子宮の中で過ごしてきた新生児は、まだ外の世界に慣れなくて

不安で泣いてしまうことも多いと言われています。

 

ですから、おひなまきで子宮の状態を作り出すことで

赤ちゃんが

リラックスする=よく眠れる

というわけ。

 

また、おひなまきは、赤ちゃんが"モロー反射"によってビックリして起きてしまうのを

防ぐ効果もあります。

 

赤ちゃんをグルグル巻きにするなんて、ちょっと可愛そう・・

と、思われるかもしれませんが、

赤ちゃんにとってはリラックス、安心できる子宮の状態と同じなんですね。


スポンサードリンク

おひなまきはいつまで使える?

おひなまきを使うのに、いつまでという決まりはありません。

赤ちゃんが自然と嫌がるようになったら卒業という感じです。

 

一般的には、段々と動けるようになり、モロー反射もおさまってくる

3ヶ月~4ヶ月頃と言われています。

 

が、そこは個人差があることですので、

この時期を過ぎたからやめさせなきゃ!

と、神経質になる必要はないですよ。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

おひなまきは、赤ちゃんがリラックスして眠ることができる方法です。

モロー反射で起きてしまう赤ちゃんには特におすすめですよ。

ぜひ、試してみてくださいね☆

スポンサードリンク

-子育て

合わせて読みたい☆

Copyright© 育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.