子育てに関する悩み事・役立つ情報を発信しています。

育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決!

病気・ケガ

1歳でもインフルエンザの予防接種は必要?間隔や時期 麻疹との間隔は?

投稿日:

d391147032acbf0ed1df1c9f6a911d72_s
1歳になる子供がいるけど、

インフルエンザの予防接種は受けさせるべきかどうかとお悩みではありませんか?

 

もちろん効果があるようなら受けさせたいけど

小さいうちはあまり効果がないとも聞くし・・

どっちがいいのか迷いますよね。

 

そこで今回は、1歳でもインフルエンザの予防接種は必要なのか効果はあるのかについてまとめました。

 

また、この時期は麻疹風疹の予防接種も受ける必要があり、

間隔をどうしたらいいのかと迷うママも多いと思います。

そのあたりも含めて一緒にみていきましょう。

スポンサードリンク

1歳でもインフルエンザの予防接種は必要?

インフルエンザの予防接種は、6ヶ月を過ぎると打てるようになりますが

1歳未満ではその効果が薄いことから接種を勧めない医師も多いのが現実です。

 

では、1歳を過ぎた場合はどうなのでしょうか。

これについても、色々と調べてみましたが賛否両論で

「1歳をすぎても、小さいうちはまだまだ抗体がつきにくく打っても効果が薄いので打つ必要はない。

それよりも周りの大人が接種してかからないように気を付けるべきだ」

という受けなくてもいい派の意見や

 

「例え小さくてもその効果はゼロではない。

インフルエンザにかかると重篤化して、亡くなるケースもあるのだから

重篤化を防ぐために受けておくべきだ」

という受けるべき派の意見など、様々でした。

 

確かに、大人に比べると子供への有効率は低く、

厚生労働省によると「1歳以上で6歳未満の幼児では発病(発熱)を阻止する効果は約20~30%」とのこと。

大人の場合は60~70%くらいと言われていますので、確かに低いですよね。

でも、効果はゼロではないということです。

 

ちなみに、インフルエンザワクチンは、その年に流行るであろう型を予測して作られるものなので

それが当たれば効果が高いし、外れれば低くなります。

 

何種類か混合で作られるので、だいたいの流行はカバーできるとも言われていますが

A型には効きやすいけどB型には効きにくいなど型によっても違うみたいなので

インフルエンザワクチンの効果は年によっても変わるとも言えそうです。

 

このように、インフルエンザの予防接種を受けてもインフルエンザにかかることはありますが、

重篤化を防ぐ」という意味では効果が期待できそうです。

 

特に、

・よく外出する
・保育園に通っている

など、ウィルスをもらう可能性が高いお子さんは検討されても良いかもしれませんね。


スポンサードリンク

1歳のインフルエンザ予防接種の間隔や時期は?

さて、私達大人はインフルエンザの予防接種を受けるのは1回ですが

13歳未満の子供は2回接種が勧められています。

 

1回接種するだけでは1ヶ月程しか効果が持たないのですが

2回接種することで1回目よりも高い免疫がつき、

長い期間持続するという理由からです。(ブースター効果)

小さい子供は、1回の接種量が少ないから・・という理由ではないのですね。

 

また、その間隔ですが

1回目の接種から4週間程あけて2回目を接種するのが最も良いと言われています。

 

1回目の予防接種はいつ頃受けるべき?

インフルエンザが流行るのは、例年12月~3月で、ピークは1~2月頃。

少し早まったと考えて11月頃には高い免疫効果を得ておきたいところなので

1回目を10月の初めに。

 

そして4週間後の11月の初め頃には2回目を打つようにすると

高い効果のまま4月ごろまで持続することが可能です。

(ワクチンの効果は約5ヶ月程)

 

まとめると、

・インフルエンザ予防接種は2回必要
・間隔は4週間あけるのがベスト
1回目を10月の初めに打つと、11月頃から4月まで高い効果が維持できる

です。

 

インフルエンザと麻疹風疹の間隔はどのくらい開ければいい?

1歳をすぎると麻疹風疹(MR)の予防接種を受けることになりますが

これがインフルエンザの予防接種の時期と重なるとどちらを受けようかと悩む方も多いと思います。

 

実は、

インフルエンザのワクチンと麻疹風疹のワクチンは、ワクチンの種類が違うため

接種後、次回接種までの間隔が異なります。

【インフルエンザワクチン】

・不活性ワクチン
・接種後は1週間以上開ける

【麻疹風疹(MR)】

・生ワクチン
・接種後は4週間以上開ける

このように、インフルエンザは1週間後で良いのに対し、MRは4週間以上あける必要があります。

 

このことと、インフルエンザの流行までに2回目を終わらせておくこと

を考慮して逆算で接種日を決めて行きましょう。

 

例えば、今がすでに10月に入っているようであれば、

時期的にインフルエンザを優先し、2回目の接種を受けた1週間後にMRを。

逆にもう少し時間があるな・・ということであれば先に麻疹風疹をうけて

4週間後にインフルエンザでもいいですね。

 

まとめ

インフルエンザの予防接種を受けることで

インフルエンザをゼロにはできませんが

かかっても症状が軽く済むことが多いです。

 

最終的には、親の判断ですが

あのときやっぱり打っておけばよかった・・と後悔のないよう

しっかりと話し合って決めてくださいね^^

スポンサードリンク

-病気・ケガ

関連記事&広告

Copyright© 育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.