子育てに関する悩み事・役立つ情報を発信しています。

育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決!

妊娠・出産

妊娠中はお葬式に参列してもいい?鏡の言い伝えや服装について

投稿日:

0bbcb97b76b2ccbee6c6895ccd10fec3_s

妊娠中にお葬式に参列してはいけない?

 

妊娠中、お葬式に出席しなければいけない機会もあると思います。

近しい人、お世話になった人であれば最後のお別れを言いたいと思うのではないでしょうか。

しかし、日本には妊婦はお葬式に出てはいけないという古くからの言い伝えも存在するんですね。

 

今回は、この辺りを含め、妊婦さんとお葬式についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

妊娠中お葬式に参列してもいい?

結論から言うと、妊婦さんが葬儀に参列してはいけないということはありません。

ただし、妊娠中は普通とは違いいくつか気をつけなければならない点があります。

まず、一番に考慮すべきなのは、その時の妊婦さんの体調です。

 

まずはその時の体調を一番に考えて

葬儀に出席する時、一番に考慮したいのがその時の体調です。

特に妊娠初期のつわりの時期や、お腹が張って体調が良くない時、

出産予定日近くでいつ産まれてもおかしくない時期などは注意が必要です。

 

お線香の匂いで気持ちが悪くなったり、

葬儀中は座ったままの時間も長いため、お腹が張ってしまう可能性もあります。

 

無理に出席すると、周りの方にも心配をかけてしまいますね。

心配であれば、相談の上、欠席するという判断もありだと思います。

 

妊婦がお葬式に参列してはいけない言い伝え

日本では、古くから妊婦は葬儀に参列してはいけないと言い伝えられてきました。

昔は、「死」にまつわる場所は穢れたものだと考えられおり、「生」を宿している妊婦さんには不向きな場所とされていたからです。

・赤ちゃんが霊に取りつかれる

・赤ちゃんに痣(あざ)ができる

・死者が寂しがって赤ちゃんを道連れにする

昔は今よりも「死」に対する恐怖心が強く、このようなことも言われていました。

 

今でも、お葬式から帰った時は"塩"をふったりしますし、

なんとなくわかるなぁという方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、なぜ影響が赤ちゃんばかりなのかというと、

赤ちゃんは霊力が強く、悪い霊がつきやすいからだと言われています。

 

可愛がってくれたおじいちゃんおばあちゃんが、大事なひ孫を連れていってしまうわけがない!(例えです)

とは思いますが、

葬儀場には他の悪い霊も集まってくるんだそうです。

 

また、昔は今と違い、準備や片付けなどを女性が担当していたため、食事を作ったりと何かと負担のかかるものでした。

妊婦さんにとってはとても大変ですので、

こういった事も、妊婦がお葬式に参列しないようにと言われる所以だと言われています。

妊婦さんに、負担がかからないようにということですね。

 

今は昔ほど言い伝えのことは言われていませんが、それでも地域によって妊婦は参列しないように言われている所もあります。

例えば私の住んでいる地域では、お葬式は大丈夫ですが、火葬場には行かないようにと言われています。

そんなのは迷信だ!

と、思っても念のために両親や親戚に相談してみましょう。

 

感染症に注意して

お葬式の場は、多くの人が集まる場所です。

そのため、風邪インフルエンザなどの感染症にもかかりやすくなります。

特にお葬式が多くなる冬場は、そのリスクも高いと言えます。

 

マスクをするなどして対策をしておきましょう。

ただ、受付の時やお焼香の時などは一時的に外すのがマナー。

最低限のルールには注意しましょう!

 

妊娠中のお葬式は鏡をお腹に入れておけば大丈夫?

妊娠中にお葬式に参列する時は、お腹に鏡を入れておけば大丈夫という言い伝えを聞いたことがありますか?

これは、お腹に仕込んだ鏡が、悪い霊を跳ね返して赤ちゃんを守ってくれるという意味と、

鏡には神様が宿っており、身に着けることで身を護ってくれるという意味があるそうです。

 

単なる迷信だという人もいますが、

後で後悔するよりは身につけておいた方が安心かもしれませんね。

 

鏡の持ち方は、以前は腹帯に差し込んで身に着けていましたが、

最近ではポケットなどに入れるだけの方も多いようです。

お腹の部分にポケットがついたマタニティ用の喪服もあるようですよ。

 

いずれの場合も、鏡を外側に向けることがポイントです。

ちなみに必要なのはお葬式、火葬の時でお通夜の時は必要ないんだそうです。


スポンサードリンク

妊娠中のお葬式の服装は?

お葬式に参列するときに一番困るのが喪服ではないでしょうか。

まだお腹が目立っていない時期なら良いのですが、お腹が出てくると手持ちの喪服では入らないという方も多いでしょう。

妊婦さん用にはマタニティ用の喪服があります。

 

ですが、この先何度使うかわかりませんし、このためだけに購入するとなると少し勿体無いですよね。

その場合は、マタニティ用のドレスレンタルもあるので、検討されてみてはいかがでしょうか。

 

また、妊婦さんは喪服などのブラックフォーマルでなくとも、黒や紺のワンピースであれば許容されることがあります。

この辺りは、一枚持っておくと後々便利なので購入しておいてもいいかもしれません。

 

そのほかの注意点

●低いヒールで

→お葬式などのフォーマルな場所には3㎝以上のヒールで行くのがマナーだと言われています。

ですが、妊娠中は転倒の危険もありますのでヒール無しの靴でも問題ありませんよ。

ヒールがある靴で行く場合でも、3㎝くらいに抑えておきましょう。

 

●冷え対策を忘れずに

→妊婦さんに冷えは大敵です。

冬場はもちろんですが、夏場でもエアコンで冷えすぎることがあります。

そのため、夏場・冬場に関わらず羽織りものやストールなどを持っていくと安心です。

その際、派手ではないものを持って行きましょう。

 

一般的には、薄手の黒のストッキングを履くのがマナーですが、冬の寒い時期には厚手のものでも構わないと言われています。

寒い場合は、タイツを履いて防寒対策をです。

 

まとめ

妊娠中、葬儀が遠方である場合や体調がすぐれない場合には、無理に参列する必要はありません。

参列できなかった場合には、日を改めて産後や体調が良い時に挨拶に伺ってもいいと思います。

迷う場合には、母や義母に一言相談してみましょう^^

スポンサードリンク

-妊娠・出産

関連記事&広告

Copyright© 育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.