子育てに関する悩み事・役立つ情報を発信しています。

育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決!

子育て

子供の靴のサイズの平均は?正しい選び方と測り方はコレ

投稿日:

kutsu
子供の成長はとっても早いもので、サイズがすぐに合わなくなることもしばしば。

洋服は見た目ですぐにわかりますが、足のサイズってなかなかわかりにくくありませんか?

 

成長途中の子供の時期に、合わない靴を履いていると、

足が正しく成長せず、外反母趾、全身のゆがみなどさまざまな問題が大人になって出てきます。

 

だから、子供の靴選びはとっても重要なんですね。

今回は、子供の靴のサイズの正しい選び方と、測り方についてまとめました。

ぜひ、参考になさってくださいね(*'▽')

スポンサードリンク

子供の靴のサイズの平均は?

まずは、年齢別の子供靴平均サイズを確認しておきましょう。

もちろん、個人差、それからメーカー、靴のデザインによって差があることですので、

あくまでも目安程度にお考えいただけたらです(*^^)v

 

1~3歳

年齢 身長 表示サイズ 靴サイズ
新生児~3ヶ月 60 ㎝ 50-70 8~11 ㎝
~6ヶ月 70 ㎝ 70 9~12 ㎝
~1歳半 80 ㎝ 80 11~13 ㎝
~2歳 90 ㎝ 90 12~14 ㎝
~3歳 95 ㎝ 95 13~15 ㎝

この時期は、半年で約1㎝成長すると言われている時期です。

買い替えは、3ヶ月を目安にしましょう。

 

3~5歳

年齢 身長 表示サイズ 靴サイズ
3~4歳 95~105 ㎝ 100 14~16 ㎝
5~6歳 105~115 ㎝ 110 17~18 ㎝
7~8歳 115~125 ㎝ 120 19~20 ㎝
9~10歳 125~135 ㎝ 130 21~22 ㎝
11~12歳 135~145 ㎝ 140 22~24 ㎝

この時期は、半年で0.5㎝、1年で約1㎝成長します。

半年を目安に買い替えが必要です。

 

子供に靴がキツくないか聞いても

「大丈夫!」

と言うので、安心しているママさんも多いのですが、実は、

子供の骨はまだ柔らかく、相当きつくないと痛いと感じないんです。

 

なので、


親が定期的に(3ヶ月を目安に)確認してあげることが大切
なんですね。

 

子供の靴を選ぶとき、一番良いのは、シューフィッターがいるお店で測ってもらうこと。

シューフィッターさんは、靴選びのスペシャリストですので、

ポイントを押さえてしっかりとアドバイスしてくれます。

シューフィッターのいる店が検索できます→

jyosei

 

しかし、シューフィッターがいるお店は百貨店などが多く、

しょっちゅう買い替えるのに毎回行くのは・・ですよね。

 

そこで、自分で買うときの選び方のポイントと、足の測定の仕方をお伝えします。

まずは、子供の靴を選ぶ時、目安にすべき7つのポイントを抑えておきましょう^^

 

子供靴の正しい選び方!

 

かかと部をしっかり支えること

足が靴の中で動かないように、まずはかかとをしっかり固定することが大事。

こうすることで、歩行が安定し、指先の障害を防ぐことに繋がります。

 

つま先に5mmほど余裕があること

靴は、ちょうどピッタリではなく、つま先部分に少しゆとりがあるものを選びましょう。

具体的には、足の指が、靴の中で自由に動かせる、5mm程度の余裕があるものが良いです。

 

つま先部分が反りあがっているもの

子供は、まだ土踏まずがなく、ベタ足で歩くため、

つま先に反り返しがないと、蹴り出しがうまくいきません。

つまづく原因にもなるので、つま先が反り返っている靴を選んであげましょう。

 

甲の高さが調整できること

足の長さだけでなく、実は甲の高さも大事。

子供の足にピッタリ合わせられるように、簡単なマジックテープタイプのものが便利でいいですね!

 

足が曲がる位置で靴も曲がること

普段裸足で歩く時は、指の付け根のところが曲がりますよね。

靴を履いたときも、同じようにそこの部分が曲がらないと、足に負担がかかってしまいます。

サイズが合わない靴を買ってしまうと、この部分がズレてしまうので、要注意です。

 

靴底には適度な弾力を

靴底が薄い靴って、足が痛くなりますよね。

子供の靴を選ぶ時も、地面の衝撃から足を守るために、ある程度弾力があるものを選びます。

ただし、厚すぎるのは逆効果です!

 

通気性がいいもの

靴の中は、汗をかきやすく、すぐに温度が上がって、雑菌が繁殖しやすい状態に。

できるだけ、通気性の良いものを選びましょう。

 

2歳くらいになると、自分で靴を履きがたるもの。

子供が自分で履きやすいような履き口が広いものを選ぶのもポイントですね(^_-)-☆

では最後に、子供の足のサイズの測り方です。

 

スポンサードリンク

子供の靴のサイズの測り方!

"足の長さ"として測るのは、

かかとから、人差し指の先までの長さです。

 

かかとを固定して、かかとと人差し指が一直線になるようにして、その長さを測ってください。

 

お子さんがじっとしていないので、測りにくい

という場合は、

足をのせるだけで測ることができる

ムーンスターの計測表が便利です。

 

ダウンロード、印刷して使ってくださいね。

 

最後に

いかがでしたか?

子供の靴は、数ヶ月ですぐに買い替えになるので、

もったいなくてついつい大きいサイズのものを買ってしまいたくなりますが、

ここはぐっと我慢して、お子さんにあったサイズの靴を選んであげましょう。

 

トイザらスでは、たまに無料で足の測定会のイベントがあったりするので、

そういったのに参加してみるのもいいですよ♪

スポンサードリンク

-子育て

関連記事&広告

Copyright© 育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.