子育てに関する悩み事・役立つ情報を発信しています。

育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決!

おでかけ

赤ちゃんのミルクの水筒や魔法瓶選び!大きさは?オススメはコレ!

更新日:

7363f7fa9ee9dc27bf65d478dc8ec4e4_s

赤ちゃんとの外出で調乳用に水筒を持っていくと思いますが

初めてだと

・どのくらいの容量の物を買えばいいのか

・どの種類の魔法瓶がおすすめなのか

と色々と悩むことも多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、外出時の調乳用におすすめの魔法瓶容量などについてまとめました。

ぜひ、購入する時の参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんのミルクの水筒や魔法瓶!大きさはどのくらいがいい?

調乳用の魔法瓶を選ぶとき

大は小を兼ねると言うし

長時間の外出にも対応できるように大き目の水筒がいいけど

持ち運びが重い

かといって、少ない量の水筒だと軽くて持ち運びに便利だけど

量が足りなくなったりしたら困るかも・・

と、こんな風に悩むことが多いと思います。

 

では、実際のところどのくらいの容量のものが人気なのかと言うと、

基本的には300ml~500mlの間です。

 

と、言ってもまだ幅が広いですよね。

 

外出先でミルクを作るときは、魔法瓶で持っていくお湯とは別に

湯冷まし用のお水を用意します。

ですから、魔法瓶のお湯だけでミルクを作るわけではありません。

 

なので、1~2回であれば

月齢が進んで1回200mlくらいになっても、お湯300mlあれば足りるかなという感じです。

 

これをふまえた上で

・1~2回じゃ少ない!やっぱり心配!

と思われるのであればもう少し大き目のサイズを選んだらいいと思いますし

 

・1~2回で十分だな!軽い方がいいし

と、思われる場合は持ち運びに便利な小さい魔法瓶を選んだらいいと思います。

 

中間の400mlという手も・・・。

 

では続いて人気の魔法瓶をご紹介していきます。

メーカーによって、容量や重さ、保温力が違いますので参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

赤ちゃんのミルクの水筒や魔法瓶!オススメはコレ!

赤ちゃんの調乳用の魔法瓶で人気があるのは、サーモスだというのをよく聞きます。

が、魔法瓶のメーカーって他にもたくさんあるので

実際の機能的にはどうなんでしょうか。

 

といことで、魔法瓶の大手メーカーである「象印」「タイガー」「サーモス」で比較してみました。

 

比較したのは、ワンタッチ式でオープンできるタイプ、480ml

サーモスは規格がなかったので、それに近い450mlと500mlで比べています。

タイガー 象印 サーモス サーモス
品番 MMJ-A048 SM-SC48 JNL-502 JNS-450
容量 480ml 480ml 500ml 450ml
価格 6,000円 6,000円 6,000円 6,000円
保温効力(6時間) 68℃ 71℃ 68℃ 67℃
重さ 190g 205g 210g 190g

比べてみると、保温力が一番あるのは、象印

実は保温力で定評があるのは象印の水筒で、山登りなんかでもよく使われるんだそうです。

 

そして軽いのはタイガーです。

タイガーには、「夢重力ボトル」というシリーズがあり、軽量化に力を入れています。

 

ちなみに、サーモスの450mlは、自動的にロックがかかる「オートロック式」なので、価格と重さがちょっとプラスです。

350mlと500mlにはオートロック式じゃないワンタッチタイプがありますが、

それでもタイガーの夢重力ボトルよりは重いです。(象印よりは軽いよ)

 

これだけみると、「サーモス」のいい点がないように感じますが

実はサーモスはワンタッチ式ではなくて回して開けるタイプであれば断トツでお安くなります。

 

【回すタイプでの比較】

タイガー 象印 サーモス
容量 350ml 360ml 350ml
重さ 170g 190g 170g
価格 5,000円 5,000円 4,000円

 

比べている価格は全部、メーカー希望価格なので

ネットで買えばそれぞれもっとお安いですよ。

 

それから、デザインや色使いがお洒落なのもサーモスだと思います。

花柄やチェック、キャラクターなど限定で可愛い物があったりするので

そのあたりが女性には嬉しいですよね。

 

そしてそして、保温力では象印やタイガーにやや劣り気味なサーモスですが

実は「調乳用タイプ」が存在するんです。

 

これは、他のメーカーにはないものですね。

規格は500mlしかなく、重さは200gと普通タイプの物と比べるとやや軽め。

 

一番の特徴は

保温効力(5時間)が72℃」という部分です。

ミルクを溶かすのに必要な温度が70℃なので、それをクリアした温度を保てるというわけですね。

 

ちなみに、価格はオープン。

楽天で見てみると、3500円くらいでした。

 

柄は可愛く、ミッフィー、ミッキー、ミニーの3タイプ。

調乳用と言っても、ミルクの時期が終われば普通に水筒として使えます。

 

と、いうことでまとめますと

・保温力で選ぶなら象印

・軽さで選ぶならタイガー

・見た目や価格で選ぶならサーモス

です。

 

ではここからは、具体的に商品で個人的ランキングを付けたいと思います~!

 

調乳用の魔法瓶おすすめランキング

1位 サーモス調乳用ステンレスボトル0.5L

 

ミルクに必要な温度も保てるし、一番無難!

 

2位 象印 TUFF SM-SC48

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

象印 保温保冷ステンレスマグ TUFF SM-SC48 0.48L【水筒】【送料無料】
価格:2916円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)

 

長時間の外出でも安心。

圧倒的保温力の象印。

 

3位 タイガー ステンレスミニボトル MMJ-A

 

オムツや着替えなどで荷物がいっぱい!

さらに子供を抱っこすることもあるし、やっぱり軽さも大事だよね。

 

4位 サーモス 真空断熱ケータイマグ JNO-501

 

別にワンタッチ式じゃなくてもいいならコレ。

お手頃価格だよ。

 

関連記事外出先でのミルクの作り方!お湯や冷ます方法 持ち物など徹底解説

 

まとめ

こんな感じでランキングをつけてみましたがいかがですか?

参考になりましたら嬉しいです^^

 

ぜひ、納得のいく魔法瓶を手に入れて下さいね☆

それでは~(*´▽`*)

 

スポンサードリンク

-おでかけ

Copyright© 育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決! , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.