子育てに関する悩み事・役立つ情報を発信しています。

育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決!

病気・ケガ

赤ちゃんのほっぺが赤いのは何故?3つの理由と対処法!

投稿日:

e6e68b28e22ec42f4cbe74adf0a7cb69_s
思わず触りたくなる

赤ちゃんのぷにぷにほっぺですが

赤くなることも多いですよね。

 

たまになら、可愛いね~程度で良いのですが

ずっと赤いので心配になるママも多いようです。

 

そこで今回は、

赤ちゃんのほっぺが赤い3つの理由と、その対処法についてお届けします。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんのほっぺが赤いのは何故?3つの理由と対処法

赤ちゃんのほっぺが赤いのは、主に3つの理由が考えられます。

 

毛細血管の拡張によるもの

乾燥によるもの

病気の可能性

それでは、1つ1つ詳しく見ていきましょう。

 

赤ちゃんのほっぺが赤いのは毛細血管の拡張が原因?

赤ちゃんのほっぺが赤くなる原因としてよくあるのがこの、

毛細血管の拡張(温度変化によるもの)

です。

 

私達の皮膚の表面には、毛細血管が張り巡らされていて、

何らかの原因により、その血管が拡張すると

赤く透けて見えることがあります。

 

特に赤ちゃんは皮膚が非常に薄いため(大人の半分程度)

透けて見えやすいといわけです。

 

例えば、

・寒い時に赤くなる→たくさん血液を流して温めようとして血管が拡張→赤くなる

 

・寒いところから暖かいところに移動したときに赤くなる

→それまで収縮していた血管が一気に拡張して赤くなる

(基本的に寒い時には、末端部分の血管を収縮して、大事な器官がある体の中心部に血液を集めようとするため)

 

身近なところだと、

お風呂から上がったあとに頬が赤くなるのも同じ現象です。

温められて血管が拡張しているからなんですね。

 

また、鼻や頬の周りには

特に毛細血管が集中しているので

このようにほっぺたが赤い

という現象が起こりやすいのです。

 

これらについては、特に対処法というのはなく、

成長するにつれ、

段々と皮膚が強くなり自然と気にならなくなっていきます。

 

赤ちゃんのほっぺが赤いカサカサしているのは乾燥が原因?

d6d76bf4bf715725bee7c803bcc7e217_s

赤ちゃんのほっぺを触ると、カサカサしていませんか?

 

赤ちゃんの頬っぺたが、乾燥してカサカサになると

肌荒れを起こし、赤くなってしまうことがあります。

 

赤ちゃんの皮膚は、非常に薄く、

大人の半分程度しかありませんでしたね。

そのため、大人のように油分や水分を

貯めておくことができないのです。

 

その上、赤ちゃんは新陳代謝が活発で、

をかきやすいですよね。

 

汗によって水分が失われる上に、

蓄えられる量も少ないので

赤ちゃんの肌はとっても乾燥しやすいと言えます。

 

この場合の対処法としては、

保湿を十分にしてあげることが大事です。

 

例えば、お風呂上りや朝起きたとき、

外出先から帰宅したときなどに

クリームワセリンを塗ってあげるようにしたり。

 

部屋が乾燥しているようであれば、

加湿器を使って湿度を調節するなどの対策をとってみて下さいね。

部屋の湿度は、50~60%が適切です。

 

赤ちゃんのほっぺがカサカサに乾燥することへの対策は

こちらの記事に詳しくまとめています↓↓

関連記事赤ちゃんのほっぺがかさかさ!乾燥肌対策におすすめのスキンケアや商品

 

このように、赤ちゃんはまだまだ肌が未熟のため

外の刺激を受けやすかったり、

乾燥しやすかったりと赤みが出やすい時期です。

 

これらが原因で赤みが出ている場合には、

赤ちゃん特有のものであり

それほど心配する必要はありません。

 

ですがその一方で、心配な頬の赤みもあります。

それは病気の場合です。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんのほっぺが赤いのはりんご病の可能性も?

846cad785f6405cdd39b1ce2c225d41a_s

赤ちゃんのほっぺたが赤くなる、代表的な病気と言えば、

りんご病」があります。

 

りんご病は、子供が感染しやすい病気ですが、

2歳以下の赤ちゃんにはほとんど感染することはない

と、言われています。

 

ですが、可能性はゼロではありません。

りんご病は、感染力は弱いものの、飛沫感染接触感染でうつります。

 

保育園や幼稚園に通っている場合は、特に注意が必要ですね。

 

りんご病にかかると、

以下のような症状が現れますので、見極めの参考にして下さい。

【りんご病の主な症状】

・風邪のような症状が出る

・腕、足、背中、胸などに発疹がでる

・痒み(かゆみ)が出る

 

また、りんご病は、

春先から7月にかけて流行するため

時期的なことも判断の基準になるかと思います。

 

まとめ

赤ちゃんのほっぺが赤いのは、

・自然に治まる心配のいらない場合

と、

・病気の可能性

とがあります。

 

多くの場合、成長過程で自然と治まっていきますが、

心配な症状があれば、

病院を受診すると安心ですね。

スポンサードリンク

-病気・ケガ

関連記事&広告

Copyright© 育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.