子育てに関する悩み事・役立つ情報を発信しています。

育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決!

ママのこと

授乳中に頭痛薬は飲んでもいい?飲める市販の頭痛薬と時間はどのくらいあけるべきか

投稿日:

1178241

授乳中の頭痛に悩まされていませんか?

 

頭痛がひどくなると本当に辛いですし

できれば横になっていたいもの。

授乳の時間以外に、赤ちゃんを見てくれる人がいればよいのですが

いつもそういうわけにはいきませんよね。

 

そこで登場するのが""ですが、授乳中だと赤ちゃんへの影響が心配なママも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、授乳中に頭痛薬は飲んでも良いのか、市販薬で飲める頭痛薬などをあげてみました。

スポンサードリンク

授乳中に頭痛薬は飲んでもいい?

授乳中に薬を飲むことで心配なのは、

飲んだ薬の成分が母乳に移行して、赤ちゃんへ作用してしまうことです。

 

確かに、ママが薬を使用すると、ほとんどの薬は母乳中に移行すると言われていますが

でも実は、ほとんどの薬は移行はするものの、その量は非常に少ないことが知られているのです。

 

これは、厚生労働省所管の国立高度専門医療研究センターのHPに記載されていることであり、

薬を飲んでいるお母さんが必ずしも母乳をあげることを諦める必要はないということが書かれています。

 

日本では、赤ちゃんへの影響を気にしすぎて

母乳をやめるもしくは、薬を我慢するお母さんが多い傾向にあるようです。

 

確かに、赤ちゃんへの影響があるような薬は飲めませんが

科学的情報により、授乳期でも安全に使用できると考えられている薬であればそこまで心配する必要はないのかもしれませんね。

 

国立高度専門医療研究センターが、授乳期でも安全に使用できると発表している頭痛薬(解熱・鎮痛薬)は

アセトアミノフェン」「イブプロフェン」です。(※市販薬でも使われている成分)

安全に使用できると思われる薬

次の章では、具体的に市販の頭痛薬をそれぞれみていきたいと思います。

授乳中に飲める市販の頭痛薬は?

アセトアミノフェンとイブプロフェンは授乳期でもOKだと書きましたが、

このうち「イブプロフェン」に関しては各メーカー

医師や薬剤師への相談が必要と記載しています。

 

ですので、結局のところ市販薬で自己判断で飲んでも大丈夫なものと言えば

「アセトアミノフェン」くらいしかありません。

 

授乳中の頭痛薬はタイレノール

アセトアミノフェンを含む市販薬は「タイレノールA」や「ラックル速溶状」です。

病院で処方される「カロナール」と同じ成分になります。

 

アセトアミノフェンは、胃に優しく、空腹でも飲むことができるし

何より眠くならないのが嬉しい薬です。

 

ですが、その分解熱鎮痛効果も低いと言われているので

頭痛がひどい方にはあまり効き目がないかもしれません。

 

が、一番安全な頭痛薬なので、

自己判断で試すならアセトアミノフェンが配合されたものをです。

 

授乳中の頭痛薬でイブプロフェンを含んだものは?

イブプロフェンは、頭痛だけでなく歯痛や生理痛にも使われており

解熱鎮痛効果も高いため、アセトアミノフェンよりも効果が期待できると言われています。

 

国立高度専門医療研究センターのHPには、イブプロフェンは

「授乳期でも安全に使用できると考えられている薬」

の中に記載されているのですが、実際の市販薬には医師や薬剤師への相談が必要

もしくは、服用は避けるようにとの注意書きがあります。

 

イブプロフェンを含む市販の頭痛薬は

・EVE(イブ)シリーズ
・バファリンルナi
・バファリンプレミアム
・ノーシンピュア

など。

 

ちなみにバファリンAには、イブプロフェンは配合されていませんが

アセチルサリチル酸が含まれており、製造元は授乳中の服用は避けるようにと記載しています。

 

授乳中の頭痛薬でロキソニンは?

頭痛薬の代表的なもので「ロキソニン」があります。

市販薬ですとロキソニンSですね。

ロキソニンの成分は、「ロキソプロフェンナトリウム水和物」ですが、

結論から言うと、授乳中にはNGです。

妊娠中の投与に関する安全性は確立していません。

出産予定日12週以内の妊婦は服用しないようにお願いします。

それ以外も妊娠中は医師にご相談のうえ服用ください。

同様に、授乳中の服用は避けてください。やむを得ず服用する場合は授乳を避けてください。


スポンサードリンク

授乳中に頭痛薬を飲んだら時間はどのくらいあけるべき?

いくら安心だとは言われても、やっぱり赤ちゃんへの影響が気になるママも多いのでは?

そこでアセトアミノフェンやイブプロフェンの血中濃度が最大になる時間や

排出されるまでの時間などをみて

飲むタイミングの参考にしていただければと思います。

 

【カロナール200(アセトアミノフェン)】

約28分程で血中濃度が最大になり、その後5~6時間後には、だいたい体から排出されることが知られています。

アセトアミノフェンは、効果が出るのが早い分、血中からの消失も早いです。

 

【ブルフェン(イブプロフェン)】

血中濃度が最大になるのは2.1時間後、その後8~10時間後にだいたい体から排出されることが知られています。

 

これらの時間は、個人差はありますが

薬を飲んで授乳する際のだいたいの目安にはなると思います。

 

胃薬にも飲んで良いものと飲んではいけないものがあります↓

関連記事授乳中に胃薬はNG?飲んでもいい胃薬とベストな飲むタイミング

 

まとめ

授乳中に薬を飲むのは何かと心配ですが、

あまりに我慢するのもママの身体への負担が心配です。

 

薬を飲むときに一番良いのは、やはり病院で授乳中ですと言って処方してもらうこと。

それができなければ、市販薬を薬剤師に相談して購入すること。

家にある市販薬を飲む際、心配であれば

妊娠と薬情報センター(国立成育医療研究センター)に授乳とお薬の相談外来がありますので

そちらで相談してみると安心ですよ^^

悩まれた場合には一度ご相談ください。

相談はこちらから

スポンサードリンク

-ママのこと

関連記事&広告

Copyright© 育児の知恵袋-子育てに役立つ情報や悩みを解決! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.